セブンスイーツをつまみに、季節の情報をお届け
とは言いつつ、わたしの好きなものに偏り気味...
グルメ

アマレット(杏仁の香り広がるリキュール)/カクテルレシピも

「アマレット」というお酒

お酒は好きですか?

ビール、ワイン、日本酒、焼酎、ハイボール、梅酒、サワー...お酒なら何でも好き!という呑兵衛さんはさておき、大半の方は好きなお酒・苦手なお酒があるかと思います。

ちなみに私は、梅酒等の果実酒やサワー、リキュールを使ったカクテルなど、甘めのお酒しか飲めません。女性だと特に、私と同じように甘いお酒が好きな方は多いんじゃないでしょうか?

そんな甘党派な方にお勧めしたいお酒が、アマレットです。

アマレットとは

アンズの種を原料とし、甘くてほろ苦いアーモンドに似た風味と赤みを帯びた琥珀色が特徴のリキュール
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

わかりやすく言うと、杏仁豆腐の香りがする甘いリキュールです。

杏仁豆腐が好きな方は、絶対好きな味です。

このアマレットの中で最も有名なのが「ディサローノ・アマレット」で、アマレットの元祖です。

ビンのデザインがお洒落ですよね。

アマレットのカクテルレシピ

アマレットが初めての方は、まずロックでお試しください。

そうすることによって、香りや味を純粋に知ることができます。

そしてアマレットがわかったところで、自分の好みに合ったカクテルを探してみてください。

ちなみに私は、アマレットジンジャーが好きです。

☆アマレットジンジャー

アマレット 30ml、ジンジャーエール 適量

☆イタリアンアイスティー

アマレット 30ml、ウーロン茶 90ml

☆アマレットミルク

アマレット 30ml、牛乳 適量

★ゴッドファーザー

アマレット 15ml、ウイスキー 45ml

★ゴッドマザー

アマレット 15ml、ウォッカ 45ml

アマレットのアルコール度数は、28度です。

上記☆マークのカクテルはソフトドリンクで割っているので度数も弱めですが、★マークのカクテルはアルコールで割っているので度数が強めになります。

アマレットが入ることで口当たりが良くなり飲みやすくなるので、飲みすぎには注意しましょう。

アマレットを飲むなら

アマレットを飲みたいと思っても、普通の居酒屋さんではあまり見かけません。なので、確実に飲みたいならバーがおすすめです。バーというと敷居が高いと感じる方もいるかもしれませんが、そんなことありません。お酒に詳しいバーテンダーさんが、自分の好みに合ったカクテルを作ってくれるので、あまりお酒に詳しくない人にこそお勧めです。

私も最初は友人に連れて行ってもらったのですが、友人の「こんな雰囲気のカクテルが飲みたい」というふわっとしたオーダーにも快く答えてくれて、すごく楽しかったのを覚えています。雰囲気もいいし、一人でちょっとだけ飲みたいときにはとてもいいですよ。

それでもバーに行ってまで飲みたくないとか、お酒は家でゆっくり飲みたいという方は、ボトル購入がお勧めです。小さいもので200mlサイズからあるので、一人で飲んでも大丈夫です。

普通のスーパーのお酒コーナーにはなかなか売ってないですが、成城石井とか酒屋さんで購入できます。

ビンは重たいし、近所に売ってる所がない...

そんな場合は、通販が便利です。
アマレットを見てみる⇒

アマレットは香りがよくお菓子作りにも使えるので、ボトル1本あってもいいと思いますよ。


↑クリックいただけると励みになります(=´∀`)人(´∀`=)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。