セブンスイーツをつまみに、季節の情報をお届け
とは言いつつ、わたしの好きなものに偏り気味...
グルメ

2018.11.15解禁ボジョレーヌーヴォー/基礎知識~予約

今年のボジョレー、予約しましたか?

と言っても、もう予約期間終わってるところもあるみたいですが...

なんだかんだで、解禁日当日販売もあるだろうから大丈夫でしょう!とか油断してると、お目当てのワインは売り切れなんてことも有り得ますよ。

⇒まだ購入可能!2018年のボジョレー

 

ところで...ボジョレーって何なんですかね??

 

今さらこんなこと言ってたら、ワイン愛好家の方に怒られそうで恐いですが。

ワインが飲めない私としては、毎年話題になるけどなんでそんなに騒ぐのかよくわからなかったんですよね。他のワインと何が違うの?って。

でも、どうせ飲まないんだし関係ないやと思って、その疑問をそのままにしてきたんです。

しか~し!ブログで情報発信する者としてそれじゃイカン!と思い、今年初めて調べてみました。

ボジョレーヌーヴォーとは

「ボジョレー(Beaujolais)」とはフランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区のことで、「ヌーヴォー(Nouveau)」とはフランス語で新しいという意味です。

つまり、ボジョレーヌーヴォーとは「ボジョレー地区の新酒」という意味です。

ボジョレーヌーヴォーの製法

ボジョレーヌーヴォーの特徴は、単に「新酒」というだけではありません。

その製法も、普通のワインとは異なるのです。

一般的なワインは、収穫したブドウを樽やタンクの中でじっくり熟成させるので完成まで時間がかかりますが、ボジョレーヌーヴォーはマセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)という特殊な製法を用いることによって短期間で完成させているのです。

この製法は、収穫したブドウをステンレスタンクに入れ密閉し、ブドウのアルコール発酵によって発生した炭酸ガスの中に数日間放置する製法です。この製法で作ることによって短期間で鮮やかな色素が抽出でき、フレッシュで軽い口当たりのワインに仕上がるのです。

また、一般的なワインがブドウを潰してからタンクに入れるのに対し、マセラシオン・カルボニックではブドウは潰さずそのままタンクに入れます。

そのため、ブドウの種に含まれるタンニンという渋み成分が少ない、飲みやすいワインになるのです。

 

ボジョレーヌーヴォーは、ボジョレー地区でその年に収穫された「ガメイ」という品種のブドウから作られます。

100%このブドウから作られたワインしか「ボジョレーヌーヴォー」と名乗れない決まりなので、ボジョレーヌーヴォーは赤ワインロゼワインしかないのです。

お店で白ワインを探してしまわないように覚えておきましょう。

ボジョレーヌーヴォーに解禁日がある理由

ボジョレーヌーヴォーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決まっています。

そもそも、なぜ「解禁日」が設定されているのでしょうか?

元々ボジョレーヌーヴォーは地元住民の間で楽しまれていた地酒だったのですが、収穫したばかりのブドウを使ったワインがいち早く飲めるということで評判になり、人気が広まっていきました。

すると、どこよりも早く出荷しようと競い合う生産者が出てきて、品質の悪いワインや未完成のワインも流通してしまうようになったのです。

そこで、フランス政府はボジョレーヌーヴォーの品質を保つために「解禁日」を設け、解禁日まではボジョレーヌーヴォーの販売を禁止しました。

これによって市場の混乱は収まり、良質なボジョレーヌーヴォーだけが流通するようになったのです。

 

では、なぜ「11月の第3木曜日」なのでしょうか?

新酒ができる時期に合わせて、当初は11月11日、次は11月15日と日付が決まっていました。

しかし、日付を固定してしまうと、年によっては解禁日がお店が休みとなる日曜日に当たることもあり、ワインの販売に影響が出る可能性がありました。

そこで1984年から、販売に影響が出ない「11月の第3木曜日」という現在の解禁日となったのです。

今年、2018年の解禁日は11月15日ですね。

ボジョレーヌーヴォーが注目される理由

ボジョレーヌーヴォーが毎年注目されるのには理由があります。

それは、ボジョレーヌーヴォーの出来が同じ年のブドウの出来の指標になるからです。

つまり、ボジョレーヌーヴォーが美味しいとその年のブルゴーニュ地方のワインも期待できるということで、その質をいち早く確かめるためにボジョレーヌーヴォーを味わうのです。

ワイン愛好家にとっては、ボジョレーヌーヴォーのチェックは欠かせないということですね。

 

今でこそ世界中に広まったボジョレーヌーヴォーの解禁日イベントですが、その先駆けはボジョレー近郊のワイン醸造家ジョルジュ・デュブッフ氏です。

彼はボジョレーワインのおいしさを広めるため、パリのオペラ座近くでボジョレーヌーヴォーの解禁イベントを行ったのです。

そのイベントが大人気となったことをきっかけにデュブッフ氏は世界中で様々なイベントを仕掛けるようになり、その結果ボジョレーヌーヴォーは世界的に有名なワインとなったのです。

ボジョレーヌーヴォーが世界中に広まり、解禁日にはイベントが催されるようになったのは、一人のワイン醸造家の働きがあったからなんですね。

ボジョレーヌーヴォーの美味しい飲み方

ボジョレーヌーヴォーは、少し冷やして飲むのが美味しいとされています。

通常の赤ワインの場合、冷やしすぎるとタンニンによる渋みが強くなり飲みにくくなってしまうのですが、ボジョレーヌーヴォーは元々タンニンが少ないのでその心配がないのです。

冷蔵庫で1時間ほど冷やしてから飲むといいでしょう。

 

また、ボジョレーヌーヴォーは新酒のためフレッシュさが特長のワインです。

より美味しい状態を味わうためにも、購入後なるべく早いうちに飲むようにしましょう。

ボジョレーヌーヴォーの種類

ボジョレーヌーヴォーは、生産者ごとにワインの種類も多数あり、味も香りも異なります。

ワイン専門店がおすすめする厳選ボジョレーヌーヴォーを飲み比べて、違いを味わってみてはいかがですか?

人気のボジョレーヌーヴォー3銘柄生ハム200g付きのセットで7,000円未満とお得ですよ!

ボジョレー・ヌーヴォー2018.11.15解禁の新酒を飲み比べ

まとめ

今回はボジョレーヌーヴォーについて調べてみて、たくさん勉強になりました。

ボジョレーヌーヴォーは渋みが少ないため飲みやすいとのことなので、ワインが苦手な私でもちょっと飲めそうな気がしてきました!

年に一度の解禁日、一緒にボジョレーヌーヴォーを楽しみましょう♪

★ボジョレーのお供に、いつもと違う特別なおつまみはいかがですか?
⇒ワインに合う!オリーブオイルを使った【究極のツナ缶】の記事を読む

★好みのワインに出会いたい、ワイン初心者さんにおすすめのワインコンシェルジュサービス
10名以上の専門ワインアドバイザーが、あなたにピッタリのワインを紹介してくれる無料サービスです。
⇒【無料】ワインコンシェルジュを利用する

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ 
↑クリックいただけると励みになります(=´∀`)人(´∀`=)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。