セブンスイーツをつまみに、季節の情報をお届け
とは言いつつ、わたしの好きなものに偏り気味...
テレビ

箱根駅伝2019 出場校・コース・エントリーからドラマまで

みなさん、お正月の楽しみってなんですか?

初詣、おせち料理、お雑煮、お酒、お笑い番組、福袋、初売り、初夢、初日の出...

いろいろあると思いますが、私の楽しみは「箱根駅伝」です!

東洋大学の設楽兄弟が活躍している頃からなので、かれこれ数年観ています。

もちろん、テレビでですが。

箱根駅伝

【2019年の箱根駅伝】
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走
平成31年1月2日(水)~3日(木)

【コース】
第1区(21.3km)大手町 読売新聞社前~鶴見
第2区(23.1km)鶴見~戸塚
第3区(21.4km)戸塚~平塚
第4区(20.9km)平塚~小田原
第5区(20.8km)小田原~箱根町 芦ノ湖駐車場入口

第6区(20.8km)箱根町 芦ノ湖駐車場入口~小田原
第7区(21.3km)小田原~平塚
第8区(21.4km)平塚~戸塚
第9区(23.1km)戸塚~鶴見
第10区(23.0km)鶴見~日本橋~大手町 読売新聞社前

 

ここ数年は青山学院大学の優勝が続いていて、優勝争いは正直面白くないなと思っています。

それでも観てしまうのは、駅伝ならではのドラマがあるからでしょうね。

トップとの差が開いてしまうと繰り上げスタートというルールがあるので、そこで「母校のたすきをつなげるか!?」というドラマが生まれるわけです。

往路ではあまりないですが、トップとの差が開いてくる復路で多く見られますね。

復路では、トップとの差が20分に開くと繰り上げスタートとなります。

たすきリレーを待たずして、強制的に次の走者がスタートさせられてしまうのです。

過去には、あと数メートルという距離に迫りながらもわずかに間に合わず、目の前で次の走者がスタートしてしまう場面もあり、たすきを繋げなかった選手は泣き崩れていました。

こういうシーンを見せられると、選手たちの強い想いに胸を打たれます。

 

あとはシード権争いもありますね。

10位以内に入れば、来年の箱根駅伝への出場権である「シード権」を得られるのですが、それを逃すと予選会で上位に入らないと翌年の箱根駅伝には出場できなくなります。

予選会に出場しなくても無条件で翌年も出場できるシード権は、どの大学も欲しいわけですね。

復路では、前日でのトップとの差を踏まえたスタートになりますが、10分以上離れている大学は一斉スタートとなります。

また、たすきを繋げない繰り上げスタートも発生するため、タイムでの実際の順位と見た目の順位が計算しないとわからなくなってくるのです。

終わってみれば、シード権が得られる10位と得られない11位の差がごくわずかということもあります。

だから、一人一人の選手が「1秒でも速く」という想いで、一生懸命走るわけですね。

番組を観ていると、いま走っている選手のエピソードが伝えられ、みんなそれぞれ強い想いがあるんだなと感じます。

青山学院大学の連覇にばかり注目されていますが、駅伝ならではのドラマや選手一人一人にも注目してみると、また違った楽しみができるのでおすすめですよ!

箱根駅伝を観る方は、一緒に全選手を応援しましょう!!

 

【出場校】
青山学院大学
東洋大学
早稲田大学
日本体育大学
東海大学
法政大学
城西大学
拓殖大学
帝京大学
中央学院大学
日本大学
駒澤大学
順天堂大学
神奈川大学
國學院大學
明治大学
東京国際大学
大東文化大学
中央大学
国士舘大学
山梨学院大学
上武大学
関東学生連合チーム(出場できない大学からの選抜選手)

※エントリー等、最新情報はこちらから
http://www.hakone-ekiden.jp/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
↑クリックいただけると励みになります(=´∀`)人(´∀`=)


実際に食べておいしかった【お取り寄せスイーツ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。