セブンスイーツをつまみに、季節の情報をお届け
とは言いつつ、わたしの好きなものに偏り気味...
季節

10月15日は「きのこの日」~由来やイベント、きのこの種類や保存方法まで

「きのこの日」って何?

(C)日本特用林産振興会

本日10月15日は「きのこの日」だそうです。
そこで今日は、きのこをテーマに綴ります。

由来

きのこの消費拡大と生産振興を図るため、日本特用林産振興会によって制定されました。
きのこに対する正しい知識をを普及し、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法を知ってもらうのが目的とされています。

10月15日の理由

10月:きのこが最も多く取り扱われる月
15日:月の中日で慌ただしくなく、きのこの良さをアピールするのに適している
以上の理由から「きのこの日」は10月15日となりました。

イベント

調べてみたところ「きのこの日」として行われる目立ったイベントは見つかりませんでした。
といっても今はきのこの季節ですから、きのこ関連のイベントはあると思います。
きのこ狩りや、きのこ料理のイベントなど...

興味のある方はお近くのイベントを調べてみてください。
ネットには出ていない、ご近所のイベントもあるかもしれません。

きのこ

さて、ここからは「きのこ」自体にテーマを移します。

きのこってたくさん種類があっておもしろいですよね。
小学生のころ、図書室でよくきのこ図鑑を見てたのを思い出しました。

 

 

有名なきのこ

・エリンギ
・しいたけ
・まいたけ
・しめじ
・エノキタケ
・まつたけ
・マッシュルーム
・きくらげ
・なめこ
・ヒラタケ
・トリュフ

種類

きのこの種類って、どれくらいあるかご存知ですか?
私が考えて挙げられたものは、上記に「有名なきのこ」として書きました。
一般的に知られているのって、たぶんこれくらいじゃないでしょうか。

でも、上記したのはすべて食用のもので、毒きのこも含めたら...
たくさんの種類がありそうっていうのは、なんとなくわかりますよね。
そこで、どれくらいあるのか調べてみました。

日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なんと!!!食用だけでも約300種だそうです!
そんなに食べたことある方、いるんでしょうか。。

そしてさらに驚きなのが、まだ知られていない未知種が約5000~7500種もあるということです。既知種が約2500種だから、きのこ全体では約7500~1万種もあるということになりますね。もはや想像がつきません。

きのこの世界は、奥が深いんですね...

保存方法

きのこって、どれくらい日持ちするかわかりにくいですよね。
早く使い切ったほうがいいのはわかりますが、一気に使い切れないときもあります。
そこで、きのこの保存方法について調べてみました。

★きのこは冷凍保存がおすすめ

実は、きのこは冷凍保存ができるんです。
石づきを切ってジップロックに入れて、冷凍庫へ...
およそ1ヶ月も保存できるんです。

冷凍しておけば、ちょっとだけ使いたいときに便利ですよね。
詳しい保存方法を知りたい方は、こちらのサイトがわかりやすいです。

まとめ

和食に洋食に中華に...いろんな料理に使えるきのこ
便利だし、おいしいですよね!

今日スーパーに行けば、もしかしたら「きのこコーナー」ができていたり
安く売られていたりするのかもしれません。
この機会に色んなきのこを買って、賢く保存し、おいしいきのこライフを送りましょう♪

それにしても、まだまだ知らない「〇〇の日」ってたくさんあるんですね!
このブログを書き始めてから、初めて知ったことだらけです。
これからもどんどん調べて、面白そうなことは記事にしていきたいと思います。
1年後が楽しみだ~(∩´∀`)∩


↑クリックいただけると励みになります(=´∀`)人(´∀`=)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。