セブンスイーツをつまみに、季節の情報をお届け
とは言いつつ、わたしの好きなものに偏り気味...
健康

お風呂~湯船orシャワー?「湯船は疲れがとれる」のか??

たまにありますよね
お風呂は「湯船派」or「シャワー派」
っていう質問?論争??...みたいな話。

昔は湯船に浸かるのが一般的で当たり前だったのでしょうが、最近はシャワーのみという人も多いと思います。生活が欧米化してきているということなのでしょうか?海外ではシャワーが主流というのはよく聞く話ですよね。
どちらを選ぶにしろ理由があると思うので、考えてみました。

湯船派 or シャワー派

湯船派

・体が温まる
・疲れが取れる
・リラックスできる
・入浴剤を楽しむ
・美容にいい

シャワー派

・入浴時間短縮
・一人暮らし等で水道代・ガス代の節約
・入浴にリラックスを求めていない
・夏の湯船は暑い
・湯船に浸かる必要性がわからない

ざっとこんなところでしょうか。
シャワーのみを選択している人の一番の理由って「湯船に入る理由がないから」だと思うんですよね。だってシャワーで全身洗えてるんだから、さらにお湯に浸かる理由って何?ということだと思うんです。
そこで、湯船に浸かったほうがいいと考えるかどうかが、「湯船派」か「シャワー派」の分かれ道なんじゃないでしょうか。

私の場合

ここで私の話をしますと、私は「どっちも派」です(∩´∀`)∩
(ズルイとか言わないでくださいね)

一人暮らしのときは、小さい浴槽に追い焚き機能もなかったので、完全なるシャワー派でした。冬に湯船に浸かると、お湯がどんどん冷めてきて寒くなってきて出るという...そんな感じだったので、シャワーのみのほうが良かったんです。このときは、お湯に浸かるメリットを感じられなかったのです。

今は実家住まいなので、大きめの浴槽で追い焚き機能もあるので、湯船は温まっていいです(*´ω`*)特に最近は涼しくなってきたので、なおさら気持ちいいですね。ただ、湯船に浸かると疲れるんですよ。一般的に、お風呂は疲れが取れるっていいますよね?それなのに、おかしいな~?と思って調べてみました。

湯船は疲れる!?

お風呂が疲れる理由

お風呂でお湯に浸かると、かなりの水圧が体にかかるそうです。その結果むくみが解消したりというメリットもあるのですが、その水圧で体に負担がかかり疲れるのだそうです。疲れを取るためにお風呂に入るのに、それで逆に疲れてしまっては本末転倒ですよね。
では、なるべく体に負担をかけずに入浴するにはどうしたらいいのでしょうか?

疲れにくい入浴法

それは「肩までお湯に浸からない」ことです。
え?それじゃ全身が温まらないんじゃない?って思いますよね。
私は肩まで浸かることによって全身温まるものだと思っていたので、もちろんそうしていました。

ところが、温まった血液が全身を巡ることで血行はよくなるそうです。
足湯や半身浴がいいと言われるのは、そのためだったんですね。

お湯の温度も、熱すぎると体温調節のために疲れてしまうことがあります。
40度ほどのお湯で、20分くらい半身浴すれば疲れがとれそうですね。

どっちを選ぶか

湯船に浸かるか浸からないかは、結局好みの問題になるかと思います。
仕事が忙しくて、湯船に浸かる時間があるなら寝たい!という方もいると思います。

私は湯船に浸かることはメリットがあると思うので、シャワー派の方には久しぶりに湯船に浸かってみることをお勧めします。休日で時間に余裕があるときや、旅行や出張でホテルに泊まる際などで構いません。久しぶりに浸かってみると「あれ?お風呂ってこんなに気持ちよかったっけ?」と思うかもしれません。少なくとも、私はそうでした。
もし思い出したら...お風呂気持ちいいですよ(*´ω`*)


↑クリックいただけると励みになります(=´∀`)人(´∀`=)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。